法務局での遺言の保管3

1.公正証書遺言は公証人が作成し、公証役場が保管するため、内容の信憑性が高く、紛失の恐れがない。

  ただし、証人が二人必要であるのと、費用がかかる。

2.自筆証書遺言は、費用もかからず証人も不要であるため、お手軽である反面、内容に問題があることが多く、紛失の恐れもある。

  なにより、死後の検認手続きが面倒。

3.自筆証書遺言の法務局保管は、紛失の恐れが無く、なにより検認が不要。

 

ということで一長一短があります。

方法として3通りありますが、最も大切なことは「遺言の内容」です。

これがしっかりしていれば基本的には争いを残すことはありません。

 

では、内容が完璧だとしたらどの方法が良いのか。

私個人の意見としたら、

1.50代くらいまではとりあえず、費用もかからず証人もいらない自筆証書遺言で残しておく。(念のため)

2.60代で法務局に保管する。(検認が不要となるため)

3.70代で財産の分配をしっかり考えて、公正証書遺言に作り替える。(内容を充実させる)

と、年齢に応じて考えていくのも一つbの方法かも、と思います。

 

 

========================

安光事務所では求人の募集をしています。

特に事務員さんを募集しています。

ホームページからお気軽にお問合せ下さい。

https://yasumitsu.info/recruitment/

 

========================

初回お問い合わせは無料です。

詳しくは以下のホームページをご覧ください。

 

 司法書士・行政書士 安光事務所【相続専門サイト】

 

法務局での遺言の保管 その2

遺言に関しては、他のホームページなどで詳しく説明しているものがたくさんありますので、ここでは「結局なんなん?」という目線でご説明したいと思います。

 

よくある質問として「遺言って自分で便箋にでも書いておいたらええんじゃろ」と言われます。

その通りです。

ただし「法的に有効であれば」大丈夫です。

たとえば、契約書等は、何かの記載が無かったり間違っていたら、その部分に関しては無効であったり、定めがないとされますが全てが無効になるわけではありません。

ところが、遺言に関しては記載もれ、記載間違いがあれば全てが無効になります。こんな書面は他にありません。

つまり、遺言を書くときは遺言のルールをしっかり守って書かないと法的に有効な遺言にならないということです。

さらに前回ご説明しましたが、法的に有効であっても実際に使えるかどうかという問題もあります。

結局、「法的に有効であること」「その遺言を使って問題なく財産の名義変更などができるよう具体的に記載してあること」が満たされている遺言で無ければ、残された相続人たちに混乱を与えるだけになります。

なので遺言を作成する際は、しっかりルールを確認するか、専門家に相談することが大切になります。

 

今回の法改正では「法務局で保管できる」ということが追加されたため、遺言の保管が「自分で保管」「公証人役場で保管」「法務局で保管」の3か所のいずれかで保管できるようになりました。

遺言の内容については、あいかわらず厳格な記載内容が求められています。

 

次回は、結局、どの方法を選べば良いのかを説明します。

 

 

========================

安光事務所では求人の募集をしています。

ホームページからお気軽にお問合せ下さい。

https://yasumitsu.info/recruitment/

 

 

========================

初回お問い合わせは無料です。

詳しくは以下のホームページをご覧ください。

 

 司法書士・行政書士 安光事務所【相続専門サイト】

 

 

近所猫の最新動向

事務所の近所に猫が住みついています。いわゆるノラ猫ですが、近所の人たちが温かく見守るので居心地が良いのか、茶系2匹、黒3匹がいつも同じような場所にいます。

茶系の1匹はたぶん高齢で落ち着いていて近くに寄ってもちょっと横目で見る程度です。

もう1匹の茶系のやつはこの5匹を取りまとめるボスのようなかんじです。

そのボスと黒の1匹がいつもくっついていました。

 

 

 

 

ところが、そこに新規の三毛猫が登場しました。

まだ若いようで、登場したころは体も痩せてましたが、いつの間にかグループの仲間に入っていました。

よく、仲間に入れてもらえたなあと思っていたら、ちゃっかりボスのお気に入りになってました。

 

 

 

最初ガリガリだった三毛はボスのお気に入りになってどんどん体が大きくなっていきました。

 

 

 

黒猫はボスを奪った三毛のことがさぞかし憎いのかと思っていたら、仲良く横になっていました。

 

 

 

猫たちにとっては無駄な争いは無いんだろうなと思いました。