法務局での遺言の保管3

1.公正証書遺言は公証人が作成し、公証役場が保管するため、内容の信憑性が高く、紛失の恐れがない。

  ただし、証人が二人必要であるのと、費用がかかる。

2.自筆証書遺言は、費用もかからず証人も不要であるため、お手軽である反面、内容に問題があることが多く、紛失の恐れもある。

  なにより、死後の検認手続きが面倒。

3.自筆証書遺言の法務局保管は、紛失の恐れが無く、なにより検認が不要。

 

ということで一長一短があります。

方法として3通りありますが、最も大切なことは「遺言の内容」です。

これがしっかりしていれば基本的には争いを残すことはありません。

 

では、内容が完璧だとしたらどの方法が良いのか。

私個人の意見としたら、

1.50代くらいまではとりあえず、費用もかからず証人もいらない自筆証書遺言で残しておく。(念のため)

2.60代で法務局に保管する。(検認が不要となるため)

3.70代で財産の分配をしっかり考えて、公正証書遺言に作り替える。(内容を充実させる)

と、年齢に応じて考えていくのも一つbの方法かも、と思います。

 

 

========================

安光事務所では求人の募集をしています。

特に事務員さんを募集しています。

ホームページからお気軽にお問合せ下さい。

https://yasumitsu.info/recruitment/

 

========================

初回お問い合わせは無料です。

詳しくは以下のホームページをご覧ください。

 

 司法書士・行政書士 安光事務所【相続専門サイト】

 

コメント