相続法改正 2019年7月1日施行(相続人の一部が財産を使い込んでた場合)

2.相続人の一部が財産を使い込んでた場合

相続財産として預金が2000万円残っています。

相続人は、配偶者、子供A,子供Bの3人です。

法定相続分では、配偶者が1000万円、子供それぞれが500万円づつになります。

ところが、子供Aが被相続人の財産1000万円を使い込んでいました。

こうなると本来の相続財産は3000万円ですので、配偶者が1500万円、子供は750万円づつになります。

しかし、子供Aは1000万円使い込んでいるので750万円はもらえずに、750万円は配偶者と子供Bに500万円と250万円を分けることができます。

当たり前のことのように思えますが、改正前は使い込みされた1000万円を相続財産に算入することができませんでした。

 

遺産分割前に相続財産の調査をきちんとしておけば、使い込みがされた財産分は使い込みをした相続人に渡らないようにできます。

 

========================

初回お問い合わせは無料です。

詳しくは以下のホームページをご覧ください。

 

 司法書士・行政書士 安光事務所【相続専門サイト】

 

=========================

 

 

 

コメント