相続法改正2019年7月1日施行(夫婦間の贈与について)

今年の7月1日には大きな改正があります。

何回かに分けて説明します。

 

1.夫婦間の土地・建物の贈与

夫が死亡後、相続人間でもめても妻に家だけは残そうとして、生前に土地・建物を贈与される人がいます。

しかし、相続が発生した時の相続財産には、生前の贈与の価格を加算します。

つまり、土地・建物が2000万円。死亡時の預貯金が1000万円で、子供が2人いた場合は次のようになります。

相続財産は、2000万円+1000万円=3000万円

法定相続分は、妻が1500万円、子供二人にそれぞれ750万円づつ。

この結果、妻は自分の財産から500万円を支出し子供に渡さなければなりません。

これが今年の7月からは、生前贈与の2000万円は相続財産から除くため、

妻が預貯金から500万円相続し、子供たちは250万円づつの相続となります。

 

生前に贈与しておけば大丈夫という考えは今まではダメでしたが、7月からは大丈夫になります。

========================

初回お問い合わせは無料です。

詳しくは以下のホームページをご覧ください。

 

 司法書士・行政書士 安光事務所【相続専門サイト】

 

=========================

 

 

 

コメント