病院での遺言

病院に入院している時、考える時間がたくさんり、体調の悪い時もあると、今後のことを考えて遺言をしようと思う方が多くいらっしゃいます。

でも、「外出するのも難しいし、面倒な手続きなんかとてもできそうにないから無理」とあきらめる方もいらっしゃるかもしれませんが、入院しながら遺言を作成することはできます。それも公正証書遺言を作成できます。

まずは、私たちが依頼者の元へ伺って、遺言したい内容を聞きます。

お聞きした話しから遺言の原案を作成して公証人に伝えて、公証人が遺言案を作成します。そして、遺言案を依頼者に内容を確認していただきます。このやりとりを私たちが行います。

遺言の内容が確定すれば、公証人に入院先に出張していただきます。

依頼者はあらためて公証人に遺言に記載したい内容を伝えます。そして、その場で公証人が作成した遺言書に署名すれば完成です。公証人が到着して完了するまで15分くらいで公正証書遺言を手にすることができます。

こういったお手伝いをさせていただきますので、外出できない方でも遺言をあきらめないで下さい。

 

 

========================

初回お問い合わせは無料です。

詳しくは以下のホームページをご覧ください。

 

 司法書士・行政書士 安光事務所【相続専門サイト】

 

=========================

 

 

コメント