相続手続きは何から始めたら良いか

親が亡くなったので相続の相談をしたいという方が来られました。

「何から手を付けて良いのか分からない。期限とかあるのでは?」ということです。

順番は次のとおりです。

1.財産、借金のリストを分かる範囲で書きだして下さい。

2.その間に私たちが相続手続きに必要な戸籍を集めます。

  今後の全ての手続きに必要になります。

3.まずは、市役所と年金事務所に行きましょう。

  市役所では各種手続きと葬祭費の支給(宇部市では4万円支給されます)をします。

  年金事務所では、未支給年金や遺族年金の手続きをします。

4.財産と借入のリストを元に次の検討をします。

  ー擽發多額の場合、相続放棄を検討する。

  ∈盪困一定額以上ある場合や、亡くなった人に一定の収入があった場合は、

   税務申告を検討。場合によっては、2次相続に備える。

  Cが何を相続するかを決める。

5.手続き先が多い時は、「法定相続情報証明」を取得する。

  このことで、各種手続きが同時にできます。 

6.何の手続きをいつまでにするかが分かってきたら、

  どこまでを自分でやって、どこからを専門家に依頼するか、費用を見ながら検討する。

 

だいたい、こんな流れです。

相談に来られた方にはこのような説明をしました。

全体の流れと、期間、費用をなるべく早くお知らせすることが大切と考えています。

 

「早めに」「何も取りかかっていないうち」に相談に来られるのは正解です。

よく「戸籍をとりあえず5通とりました」とか言われますが、基本は1通で大丈夫です。

たとえば、相続放棄をすべきなのに、「預金はもうおろしました」となると、放棄できません。

 

上記の手続きは、司法書士と税理士とが、一緒に相談を受ければ一度で済みますし、手続きも両者でほとんど行えます。

安光事務所が入居するビルは5階ですが、お隣は税理士事務所です。

スムーズな対応ができます。

相続手続きの相談は、まずは司法書士が受けて、税務申告が関係しそうだと税理士に対応してもらうことが、依頼者にとって一番良い方法です。

 

 

========================

初回お問い合わせは無料です。

詳しくは以下のホームページをご覧ください。

 

 司法書士・行政書士 安光事務所【相続専門サイト】

 

=========================

 

 

 

不動産を今のうちに子供に贈与したいけど、、、道のりは困難

高齢の方から自分の不動産を特定の子供に贈与したいという相談がありました。

不動産は、自宅だけでなく、山林、田、畑があります。

問題点が2つあります。

まずは税金の話し。110万円を超える贈与には贈与税がかかります。

贈与の価格が、仮に1110万円だとすると、贈与税は275万円かかります。

もらった方は、単に名義が自分になっただけなのに、その税金を払った上に、今後の固定資産税も払わなければなりません。

次に、そもそも田や畑を贈与するには農業委員会の許可が必要です。

許可を得るにはかなり厳しい要件を満たさなければならず、基本的には困難であるといえます。

 

つまり、高額な贈与税を払ってまで贈与しますか?田と畑は贈与できませんよ、ということです。

「そしたら、どうしたらいいのか?」と当然聞かれます。

「遺言で移転することをおすすめします」ということになります。

これなら、贈与税もかからず、田畑も移せます。

 

不動産の名義を変えると、必ずと言っていいほど税金がかかってきます。

よく考えてしましょう。

 

========================

初回お問い合わせは無料です。

詳しくは以下のホームページをご覧ください。

 

 司法書士・行政書士 安光事務所【相続専門サイト】

 

=========================

 

 

山林の境界線

国は、山林の土地の境界線を決めるのに、航空写真やレーザーで現状を把握し、現地での立ち合いをしなくて済むようにするとの方針を示しました。

何のこと?ですよね。

土地の境界を決めるには隣接地の所有者が一堂に会し、1点づつ隣接者どうして決めて行くのです。

過去は、現地でお互いが思っている境界線が違って現地で喧嘩が始まったりしていました。

今、思えば良い思い出です。

なぜなら、宇部地区では現地に所有者が集まっても誰も境界線がわからないから喧嘩が起きようがないのです。

「法務局が決めてくれるんじゃあないの?」と思われるかもしれませんが、決めるのは当事者です。

特に宇部で問題なのは、山林の図面が無い、

つまり、どの山が何番地で誰の者であるという図面が、ほとんどの地域で無いということです。

「じゃあ、どうしたら自分の山を探すことができるの?」と思いますよね。

地域のみんなで現地に立ち会って、話し合いをするしかないのです。

これは大変な作業ですし、山の中に入ると方向も分からなくなるので、立ち会ったって良く分からないのが実情です。

このため、山林がどんどん放置されて所有者も分からなくなってしまいます。

これを防止するために、国が航空写真などで境界線を決めることを推進するようになった、ということです。

宅地や田畑の地図は法務局で場所や地番を確認できますが、山林は地図が無いって不思議ですが、

山口県ではそれが実態です。

「この山はどこにあるのでしょうか」と相談を受けますが、

多くの場合「分かりません。もし本当に知りたいなら100万円以上かけて調べるしかないです」としか答えられないのです。

死んだ爺さんが山に何かをしに行く時について行けばよかったのに。ということです。

 

========================

初回お問い合わせは無料です。

詳しくは以下のホームページをご覧ください。

 

 司法書士・行政書士 安光事務所【相続専門サイト】

 

=========================